一人で鮮明だった鹿児島の割り切り

世田谷区の終わりにある特定の映画会社のスタジオを訪れました…

一人で働き始めたときに行っていた場所…スタジオですが、敷地内の小さな町のブロック…私はここでチェックされましたゲートと私が入ったとき、昼休みの終わりの直後に…何人かの人がいました…何人かの人…まあ…たくさんの若い…作業服の素晴らしいツール…他の大工と絵…知っている人…喫煙する人…

鹿児島の割り切り温度はまだ蒸し暑いですが、日陰は肌寒いです
暑いわけではありませんが、鮮明で晴れた日差しです…理由はわかりませんが、映画を見ているような不思議な景色
数十年後、あなたはきっとこの見解を覚えているだろうという奇妙な確信を…

週末でも酔っていない。
何日後鹿児島の割り切り
考えてみると、長い一日です…

しかし、その間に自分を磨かなければなりません

出会った瞬間は…

私は再び孤独になります鹿児島の割り切り

そしてまた会えるまで数えます^ ^
私は彼を作りませんでした
ただ
シャイ
あなたが言うなら
変換は鹿児島の割り切り
ああ、彼はそのようなものです
まあ、それは良いことです。 。
少し目を変えましょう。

フィルムカメラ時代の古いレンズを使用して望遠レンズで撮影する
私はそれを引き出した。現在のデジタルカメラに直接接続されていません。
アダプターを探したとき、台湾から送りました。鹿児島の割り切り

天気はしばらく悪いです
egg子は昨日置き去りにされ、キュウリは冷蔵庫に隠れ、日本人参は無理やり漬けられた(^^)
上から皿を置き、ラップで圧縮します!
ソークソークソーク鹿児島の割り切り

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>