最後は大声を出した鹿児島の割り切り

 

 

 

私の妻はそう言った。

 

接続された手は暖かく、ノスタルジックでした。

振り返ってみると、それは10年以上にわたって繋がっていた手でした。

どうして忘れたの?鹿児島の割り切り

鹿児島の割り切り

私はいつも幸せでした。

私はあなたと永遠にいたかった。

鹿児島の割り切り

 

私の妻はそう言った。

 

 

私は涙を止めませんでした。

 

 

どうして泣くの?

泣けない

 

 

知りません。

行こう。

 

 

そう言いながら、妻は大声で叫んだ。鹿児島の割り切り

 

 

どちらも子供のように大声で叫んだ。鹿児島の割り切り

 

 

泣きながら、手をつないで、最後の駅まで道を歩きます。

 

 

 

 

本当に、なんてバカなんだ!

 

鹿児島の割り切り

何かを見るたびに

ツイートコーナーだと思う

 

 

私はいつも同じ人です…

 

 

人が少ないので注意が高い

あなたがどれだけ深いかを知ることができます…

再び、鹿児島の割り切り

書く人の数が少ないので……

 

 

日記

それは古いです

 

 

若者は書くのが苦手

私はTwitterに慣れています

数行のテキストでは不安があるかもしれません

 

 

アラフォー・アラフィフの女性

あなたは文学者のように書く

女性は男性よりも興味深い文章を書く

女性の日記だけを見ていますか?

 

 

しかし、若い女性のための日記

見たい?

いただいたサーモン♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>