女性が原因だった鹿児島のママ活

こんにちは、見習いの女性アッコの☆です。

私は明智光秀が大好きで、[本能寺の変]のユニークな解釈があります。
前回の続きです。

鹿児島・薩摩川内でママ活できそうな女性 〜鹿屋・霧島でもママ活にチャレンジしよう

—鹿児島のママ活
そこで、光秀と秀吉も家康を巻き込み、計画を立てました。
信長の離心率と混乱は、家臣たちによく知られていました。
もしそうなら、彼は秀吉に「秀吉は信長を反逆して打ち負かした光秀を打ち負かした!」という理由と信用を与えたのかもしれません。

本能寺から信長を連れ出した後、光秀は家康に加わり、三河に向かう。
その後、いわゆる「本能寺の変」が発生しますが、それはおそらくそのようなシナリオです。鹿児島のママ活
・明智グループが本能寺を襲い、「反逆」を引き起こし、信長に反抗した。
・信田は計画を知らずに殺されたのかもしれない。
・誰よりも早く帰ってきた秀吉が光秀を鎮圧した。
・秀吉は信長の孫、秀吉です。鹿児島のママ活

これにより、秀吉と12年間戦っていた信長さん、光秀さん、そして後継者の信忠さんがいなくなりました。
反逆者を打ち負かす原因と名を持った秀吉に抵抗できる将軍はいないだろう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>