予想通り大変だった鹿児島のママ活

柴田さんも反対だったと思いますが、これも予想通りでした。
清須会議で事実上の後継者となった秀吉は、信長の地を継いで世界的に有名な男となる。

鹿児島・薩摩川内でママ活できそうな女性 〜鹿屋・霧島でもママ活にチャレンジしよう


ですから、引退した信長と光秀は、家康の後援の下で一生を過ごしたのでしょう。
これに似た解釈は、天海祐希が演じる「女信長」でした。
信長の死後、光秀は家康を別の人物として黒いローブを着て助けることを約束したかもしれない(南光天海理論)。鹿児島のママ活
そうでなければ、春日駅はおかしいですね。
「生まれながらの将軍」である孫の乳母は、光秀の右腕であった斎藤利三、いわば反逆者の娘としては選べない。

鹿児島のママ活
これが私の解釈(想像力)です。

好きなだけ書きましたが、歴女見習いなので、証拠や配慮が少なく、異議や反論もあると思います。
しかし、ここでは白熱した議論はしないので、そのような理論があるのではないでしょうか。暖かく見守っていただければ幸いです。鹿児島のママ活

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>