危険な愛を感じた鹿児島のママ活

そのためにはブラッディマリーのように見えます
罪のない男の心も赤く染まる
恋人を忘れる

https://www.nikukai.jp/kagoshima-mamakatsu/

7フィートの体と彼の派手な言葉
こぼれるダイヤモンドはありません鹿児島のママ活
あなたを見つめる目は何よりも高い

危険な愛の真夜中の旅
わかりましたが、心が止まりませんベイビーベイビー

(* x 2を繰り返す)
かわらやまぶし」
鹿児島のママ活

八重山方言民謡

1.カワラヤマヌウエナカ「ヨーホー」「ユサ」ハクウンヌスタンディングシュラバ*「ヨーホー三蔵彩カヌサイヨーホー」
(川亮山の頂上に白い雲が立っているなら※さあ、男女でお祝いしましょう~)

2.白い雲で考える、色のついた雲で考える*
(白い雲とは考えないでください。自然な乗馬雲とは考えないでください*)

3.バラのことを考え、かんしゃ庵のことを考えてください*
(彼氏だと思って、かわいい乙女だと思ってください*)

4、河原山ヌネヌラバマウンテンロードヌネヌラバ*
(河原山がない場合、山道がない場合*)鹿児島のママ活

5.肝疾患の感覚から、山道があります。
(好きな人のことを考えると、急な山道はかわいい恋人みたいです*)

6.川やまやさずいなぎ登山道と布なぎ*
(川原山の悪路でも布の長さしかない※)

7、なゆしきぬかわらやま、どんな山道*
(なぜ川原山を開いたのですか?なぜ川原山を開いたのですか*)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>