鹿児島では私は出会いでパニック状態でした

あなたがトンネルを通過するとき、有名な霊場があります。

そして、鹿児島の目の前に女性の人の白い影がありました。

ああ!私は、パニック状態で、鹿児島を踏んで、私が降りたときに、

鹿児島の出会いは楽勝スレッド

私の目の前には崖があります。ガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでいない

それは落ちたかもしれないということです。

「その幽霊は私を助けました」

鹿児島はそう思って、そこで手を拾い、祈って家に帰った。

途中でトンネルに戻り、鏡を見たとき、私は後部座席を見た。

私の目を横切った女性の姿… …その女性は彼がこのように呟いたと言った。

“私はタヒルを持っていたはずだった”

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>